国際テレビ番組提案会議

国際テレビ番組提案会議
(ピッチング・セッション)
企画募集のお知らせ

社団法人全日本テレビ番組製作社連盟(ATP)は、このほど関係諸団体のご協力を得て、テレビ番組の海外発信を強化するための集い、「東京TVフォーラム」を開催することになりました。(時期:2011年12月12日-14日)
このフォーラムでは、国際間のテレビ番組市場をリードしている国内外のテレビ番組プロデューサーや配給業者等を招聘して、「国際シンポジウム」や「ワーク・ショップ」を実施しますが、同時に「国際テレビ番組提案会議」=ピッチング・セッション(PITCHING SESSION)を期間中2日間に渡り行います。ピッチング・セッションは欧米で広く行われている国際共同制作のための企画提案の場でありますが、日本では初めてとなる試みです。
日本のテレビ番組制作者のこれからの課題の一つは、国内に向けての番組作りに止まらず、海外に通用するコンテンツ制作ではないでしょうか。
今回の「東京TVフォーラム」をその第一歩として、将来、海外の放送局、製作会社、販売会社と共同作業を行いたいという意欲ある制作者の参加をお待ちしております。特に海外の視聴者が興味を持つ企画を募集いたします。

<実施・募集要項>

目的 日本のテレビ番組製作会社、放送事業者が世界に発信する番組作りを推進する機会を設け、日本発の企画を世界に向けてプレゼンテーションし、国際共同制作番組をより多く海外で展開することを目的とする。
名称 東京TVフォーラム 国際テレビ番組提案会議(ピッチング・セッション)
主催 全日本テレビ番組製作社連盟(ATP)
共催 放送批評懇談会
放送人の会
全国地域映像団体協議会(全映協)
映像文化製作者連盟(映文連)
後援 総務省、経済産業省、外務省、知的財産戦略本部、
東京都、日本放送協会、日本民間放送連盟、
放送文化基金、国際交流基金、日本貿易振興機構(ジェトロ)
協力 NHKエンタープライズ 電通
日程・会場 日程:2011年12月13日(火曜日)、14日(水曜日)
会場:都市センターホテル3F大会議室(千代田区平河町2-4-1)
応募要項 ○審査対象
国際共同制作をめざす新規のテレビ番組 ○ジャンル
ファクチュアル(Factual)番組(時事、社会関連、歴史番組、自然番組、科学番組、紀行番組などのノンフィクション[ドキュメンタリー]番組)
基本的には企画段階での提案が好ましいのですが、既に日本国内で放送済みの映像素材を一部使用して、追撮、再構成するリメイク提案でも可能です。既成番組の海外販売は対象としません
○応募資格
過去にテレビ番組(ドキュメンタリー)を制作した経験がある主催および共催団体加盟社、または主催および共催団体の推薦を得た映像製作会社
個人での応募は出来ません
○企画提案書
所定の企画申請フォーマットに、下記の必要事項を記入の上、メールでご応募ください。
(1)番組タイトル(英文併記)企画内容(日本語400字以内)など。
(2)企画をアピールする写真(1枚1MB程度)添付。
(3)代表企画提案者(プロデューサー又はディレクター)の作品歴を含む自己PR文(日本語[200字以内]、番組名には英文添付)
(4)代表企画者のプロフィール写真(1MB程度)。
○選考
応募して頂いた提案の中から実行委員会の選考で16本前後の企画を選び、公開ピッチング・セッションで、提案発表を行って頂きます。
一企画の持ち時間は20分。10分は各国プロデューサーの前での発表、10分は質疑応答です。発表の中で、必ず2~3分程度の企画説明映像を上映しますので、自費で制作をお願いいたします。(会場では同時通訳を行いますので、プレゼンテーションは日本語で結構です)

なお、選考にもれた企画に関しても企画紹介カタログに掲載し、各国の企画採択権限を持つプロデューサーに個別に提案、説明して頂くことが可能です。
○企画採択責任者
欧米やアジア(中国、香港、シンガポール、韓国等)から10名程の番組採択権を持つテレビ局プロデューサー、番組企画へ出資を行う財団プロデューサー、番組の国際展開を行う配給プロデューサー等を招聘する予定です。
○応募料
1企画につき3万円。
(英文カタログ印刷費、入場料1名分含む。受付の後、請求書を発行します)
○募集締め切り
2011年10月31日(月曜日)24時 必着
○問合せ応募先
東京TVフォーラム実行委員会事務局(ATP事務局内 担当 内藤、三門、三谷)
応募先E-mail:oubo@ttvf.jp
※件名を「国際テレビ番組提案会議 企画応募」としてお送りください

問い合わせ先E-mail:info@ttvf.jp
電話番号:03-3582-8520